- 天真爛漫のススメ -

 

 

今日は、最近、恋人と別れた or 伴侶と離婚をした、という男女の皆に向けて書こう。

 

私は東京の生まれなのだが、高校時代を札幌で過ごしている。当時は銀行に勤務していた父が、何らかの理由で札幌支店に転勤となり、一家で転居をしたからだ。

 

ただ、父の転勤理由はよく知らぬ。もしかしたら不祥事にでも巻き込まれて左遷の憂き目にあったのかもしれない。だが、私や家族にはいつも明るく、元気な父であった。

 

その父が故人となってからずいぶん経つのだが、思い出せば、我が父ながら実に人情味あふれた、とても天真爛漫な男であったように思う。

 

母曰く、私はこの父によく似ているそうなのだが、この「天真爛漫」辞書をひくとこう書いてある。

 

「天真爛漫 - 飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま。「天真」は純粋な性格、「爛漫」は自然のままに輝き現れる様子のこと。」

 

さて。神の中でも、善神がその大半を占めるのが天津神・国津神だが、どの神もみな「天真爛漫」である。

 

あえて違いを探していうならば、天津神はどちらかというと上品な天真爛漫。国津神はといえば、かなり豪快な天真爛漫である。

 

天津神系のトップ、伊勢の神宮(内宮)と国津神系のトップ、出雲大社の神事を比べてみると、その違いがとてもよくわかる。

 

祝詞の奏上ひとつとっても、伊勢の方はクラシックのごとくなめらかに音と言葉が流れる。対する出雲の方はロックのごとく激しく音と言葉が連打される。比べてみた感想としては、どちらも素晴らしかった。

 

御祈祷を申込むと、この「祝詞」の奏上を体験することができるので、もし機会があったらぜひ経験してもらいたい。

 

ところで、この御祈祷だが。

 

神に願い事をしたあと。効験が現れる前に人によって「好転反応」という現象があるのは、なぜかあまり知られていないようだ。

 

好転反応というのは、例えば「ファスティング」をしたとしよう。これにより体内環境がリセット・改善された直後に、一時的に肌に赤い湿疹が出た後にそれが消え、結果としてとてもキレイな肌になった。と、いうような「良くなる前の一時的なマイナスにも感じられる現象」のことだ。

 

神社での御祈祷、しかり。ファスティング、しかり。

 

自分には思い当たるフシがない。なのに「イヤなこと」「悲しいこと」と感じることがあったとしたら、それは「好転反応」だ。

 

好転反応が出ない人もいるにはいるが、それは「好転させる」ためであっても一時的なマイナス現象を必要としない人であり、原則として「好転反応」は、必要な人にマイナスの現象として、多かれ少なかれ、ある程度は出る。

 

そしてこの「好転反応」だが、人の縁にもちゃんと存在する。

 

よく見るのが、縁結びの御祈祷、良縁成就の御祈祷、結婚祈願の御祈祷などを有名な神社で受けたあとに、現在進行中の相手と「別れ」が巡った、などだ。これは、ほぼ100%が「好転反応」である。

 

例えば、出世開運や社運隆盛、商売繁盛や家業隆盛の御祈祷でも同様に、もし「必要」なのであれば、それに応じた好転反応がある。

 

神は、あなたと「相性が悪いなにか」との縁を切ることで、あなたと相性のもっと良い「新しいなにか」との縁を結ぼうとしているのである。

 

御祈祷を受けなくとも、あなたに目をかけている神がいれば、あなたのために「縁切り」の波動を意図的に与えることもある。

 

いずれにせよ、こういった時に「別れ」を嫌がってはいけないのである。別れたあと、寂しいからと連絡を取るのはもっといけない。切るべき縁が切れないからだ。それではあなたが幸せになれないからだ。

 

別れたなら、相手のことはキレイさっぱり忘れるのだ。スマホからは、相手のTEL番号もSNSのアカウントもすべて「拒否設定」にして、即刻、削除するのだ。可能ならば、行先を告げずに引っ越すのがベストである。

 

子供がいて離婚をする場合はそうもいかないだろうが、それでも「子の親」であること以外の部分は忘れることだ。

 

キレイさっぱりと別れたなら、次にやるべきことは「天真爛漫」な自分を取り戻すことだ。心のキズがあなたをなかなか天真爛漫にしないのであれば、ムリにでも天真爛漫を作ることだ。

 

酒が飲めるのなら、信頼のおける誰かと酒を飲むのもいい。酒が飲めないのであれば、日帰りでもいいので旅に出てもいい。どちらも難しければ、あなたの住まいから近くて手入れが行き届いている神社に行くといい。いっそのこと、有名な神社に足をのばすのもいいだろう。本が好きなら図書館に行ってもいいし、近所の公園で日なたぼっこをしてもいい。

 

とにかく「あなた」が、いまするべきことは「天真爛漫」のチャージである。

 

理由は、天真爛漫な自分を取り戻した瞬間に「好転反応」が終わるからだ。好転反応が終わることで、良い運があなたに集まってくるからだ。それであなたの願いが、ついに叶うべく動き出すからだ。

 

良い相手に巡り合い、良縁が結ばれる。結婚ならスピード婚となるかもしれない。もともと天真爛漫な人には、好転反応が出ることはあまり無い。誰に言われるまでもなく、するべき通りにしているからだ。

 

最後にくり返そう。「天真爛漫」であれ。すると、あなたに幸が来る。

 

 

秀麻呂